最新の記事一覧 | オフィスランディック

新着コラム一覧
  • コラム

    私には「母」について語れるほどの思い出(記憶)が無い。幼稚園の卒園式では、担任の先生が私をきつく抱きしめて泣いていた。当時は少し自慢に思って「なぜ僕だけ?先生は余程僕のことが好きなんだな。」などと的外れなことを考えていたが、その年の夏、齋藤家を突如襲った悲しみは先生にも痛いほどに伝わっていた。卒園式に母のいない私を哀れみ、行く末を案じて泣いてくれたのだと思う。

  • コラム

    先週のコラムでは、不動産業界(仲介)の「闇」とも言える「囲い込み」に触れた。ならば、もう一つの闇、「抜き(ヌキ)行為」についても触れない訳にはいかないだろう。ところが、「囲い込み」が一般顧客への迷惑行為であるのに対し、「抜き行為」は、同業者に対する迷惑行為なのであまり表面化していない。また、同業者でない限り、この度のテーマに興味は無いことと思われるが、不動産業界の舞台裏を知っておいても損は無いだろう。

  • コラム

    不動産業界に蔓延(はびこ)る「囲い込み」なるもの、いずれテーマとして触れようと思っていた。そう思っている内にマスコミ報道によって世間の批判に晒されるところとなり、行政指導と流通機構の改善策が功を奏して今は沈静化している。「囲い込み」とは、売主の知らないところで売却を依頼された仲介会社(=物元業者)が手数料の倍増(売主・買主双方からの手数料受領)を目的に、買主側の仲介会社(=客付会社)に売却情報を公開しない(内見希望・商談を受け付けない)行為を指す。

  • コラム

    中古マンションの効果的な販売手法として「OPENルーム」というものがある。本コラムの読者も週末の街で良く見かけると思われるあのイベントだ。物件の良さを理解して貰うには、実物を見て貰うことが最も効果的であることは間違いない。仕事が一段落したある日、同業他社の開催する「OPENルーム」に一人の客として立ち寄ってみた。

  • コラム

    賽は投げられた。行先など告げずに「ルビコン川を渡れ!」
    ルビコン川は、思いのほか川幅の狭い小川だ。凱旋するがごとく胸を張って飛び越えれば良い。待ち受けるのは敵対する元老院ではなく、君を良く知る「私」である。武装は解除しなくて良い。その戦力をもって当社に貢献してくれることを期待する。

  • コラム

    仕事が「できる人・できない人」は、その片鱗を日常生活で垣間見せている。ランチタイムで混み合うカレー屋さんの発券機前で何度も選択ボタンを躊躇して長考するおじさん(私も「おじさん」だが)に遭遇してそう思った。私の背中で若者達がイライラしているのが振り返らずとも手に取るように分る。ようやく選択ボタンを押すも、今度は小銭入れからできる限りの10円玉を輩出しようと悪戦苦闘している。彼は自分の背後にできた長蛇の列を見て何も思わないのだろうか。本日の「思うところ」は、いつにも増して「辛口」となりそうだ。

  • コラム

    不動産取引において、「更地渡し」と言えば、売主の負担により建物等の定着物が無い状態で土地が買主に引き渡されることを言う。勿論、買主の使用収益を阻害する付着権利があってはならない。この「更地渡し」、建物解体撤去の費用につき、売主は経費として計上できるし、買主はその費用を心配せずに購入できるから合理的な取引方法の一つだ。価格面で折り合いがつかない時など落としどころにもなる。しかしながら、古家も庭木も無く見通しの良いはずのその「更地」、意外にも「落とし穴」が多い。深みに嵌って怪我をなさらぬようご注意を。

  • コラム

    相場を聞かれて困惑することがある。突然電話が掛かってきて唐突に聞かれる。「XX○丁目、土地は今いくらなの?」地元を熟知しているとはいえ、さすがに町名だけでは答えようがないので、物件の特性を尋ねるが「そんなこと教えたら物件が特定されるでしょ。」それはそうだが、場所の特定もせずに相場を答えるのは無責任になると思う。やむなく町内の成約事例等、差し支えない客観的事実を参考情報として答える程度に留める。
    人にものを尋ねるならば、せめて名前を名乗ってその調査の目的くらいは教えて欲しい。目的が興味本位であっても私は誠実に答えるつもりだ。勿論、守秘義務を遵守する。

  • コラム

    私は、建築費や改修費の「見積り」をあまり信用しない。しかし、建築工事を発注するに際し、誰に聞いても「相見積もりによる比較検証を重視せよ」と言う。だから異端の考え方であることを否定しない。また、建築費の相場を知らいない一般顧客に同様の考え方が当てはまるものではないことを前置きしておく。